第三編  飛行機
   第十七章 飛行機の来歴及種類
   第十八章 米國飛行機の現状
   第十九章 拂國飛行機の現状
   第二十章 米・拂以外列國に於ける
          飛行機の概況
   第二一章 學術上及交通上より
          觀たる飛行機
   第二二章 軍事上より觀たる飛行機
   第二三章 現今飛行機の缺點
第四編  飛翔気球又は混成飛行気球
   第二四章 折衷式空中船車に關する概説
   第二五章 列國に於ける折衷式空中
          船車の概況
第五編  結論

第一編  総説
   第一章 空中船車の優越
   第二章 空中事業に對する列強の態度
   第三章 国際上より觀たる空中飛揚機關
第二編  飛行気球若くは誘導気球
   第四章 気球の種類及来歴
   第五章 飛行気球に關する概説
   第六章 拂國飛行気球と其優劣長短
   第七章 獨逸飛行気球と其優劣長短
   第八章 日・伊・英・米・西・白・露國に
         於る飛行気球の概況
   第九章 飛行船の碇泊港
   第十章 学術上・交通上及軍事上より觀
        たる飛行船

  第十一章 軍用交通機関としての飛行船
   第十二章 空中攻撃機関としての飛行鑑
   第十三章 敵状捜索機關としての飛行船
   第十四章 空中戦闘
   第十五章 戦時一国に必要なる飛行船
   第十六章 現今飛行気球の缺點

増訂
空 中 之 経 営

  著作者  高塚 彊
  発兌  画報社支店

   明治四十四年六月二十三日

所蔵 No d132